プラスチック加工メーカー【Plamo】

By livin | 2019年1月19日
Share on Facebook
LINEで送る

プラスチック加工

皆さん、現代の電気製品や機械などと比べて、昔の製品は重くて大きい物が多くありました。
たとえば今ではスマートフォンが多くなった携帯電話ですが、市場に出たころはショルダーバック並みの大きさで重量もあったのが、現在では小さくて軽くなりました。
そのように変化したのが、金属部品から樹脂を使用した部品へ変わったからです。
でもプラスチックなどの樹脂素材には、加工が簡単でも伸縮や曲げたりすることが多いと破断したりすることがあります。
しかし、製品の軽量化などをするには樹脂素材を使用していかないと、お困りの会社の皆さん、それならPLAMO株式会社さんの開発した、成型加工技術が利用できますよ。

こちらの会社では、多くのプラスチック製品の加工と成型、そして部品の企画開発を行なっています。
その過程でこちら独自の技術として、
・ 切削加工などで発生するボイドによる強度低下防止や、成型によって起きるへこみや窪みなどのヒケなどの防止、また寸法の高い安定が図れる、IMP(イン・モールド・プレッシング)工法。
・ 樹脂を原材料として使用すると起きてしまい、破断などの原因ともなるウェルドラインを防ぐことができる、IMM(イン・モールド・ムービング)工法。
などを開発しています。

もし皆さんの会社でも、金属部品からの変更を考えているなら、PLAMOの独自技術で成型加工した部品を使用するのも良いかもしれませんよ。